『Fly me to tha moon』



【ハッカ】1st breath
「おつきさまがついてくる」
作・演出 小栗剛(qui-co.)
at 遊空間がざびぃ
2015年9月3(木)~7日(月)

キャスト
植浦菜保子
菅野貴夫(時間堂)
如月萌(【ハッカ】)
宍戸香那恵
東澤有香
中川香果
長野功(Pityman)
野々山貴之(俳優座)
林ちゑ(世田谷シルク)
春木真里奈(ZA 人間国宝)
小栗剛(qui-co.)

スタッフ
舞台監督 大西聖志(劇団えーてぃーふぃーるど)
照明デザイン 松本 永( eimatsumoto Co.Ltd. )
照明操作 山内祐太
フライヤーデザイン し水しんたろう
映像 矢口龍汰
制作 田口遥佳(Pityman)
企画製作 【ハッカ】

協力
qui-co. 劇団俳優座 時間堂 Pityman ZA 人間国宝 世田谷シルク eimatsumoto Co.Ltd.  劇団えーてぃーふぃーるど チバオライリー(と無法の世界)(THE BOHEMIANS)  港谷順

[ストーリー]

わたしたち。

わたしたちは、街で暮らしている。スマートフォンで通信する。これは凄まじい科学力。凄まじいわたしたちは、いつしか死なないカラダを手に入れた。それは奇跡でも魔法でもなく、単純な医学の進化によって。わたしたちは機種変更をするような手軽さで、命を更新する。

老いないカラダが死なないまま過ごした、
この街の1000年におよぶ日常。
白々しい太陽がアスファルトを焦がし、
笑っている内に煌々と浮かぶ月。
全てが満たされ、誰も泣かなくなってしまった。
泣くことを忘れてしまった。
だから彼女は、涙を思い出す冒険に出る。
物語は、いつかの津波のように1000年を遡上する。
そこには、可愛らしくも残酷な人類の秘密が隠されていた。
ひとりぼっちの彼女が泣いている頃、わたしたちの背中にはいつまでもいつまでも、おつきさまがついてくる。
さあ、暗闇の中はしゃごう。
この内の誰かが泣いてしまうまで。

謎が謎を呼ぶサスペンス的な緻密構成でスリリングに展開する物語を、会話劇と生演奏で紡ぎます。ハイボルテージにメーターを振り切ったまま、ラストシーンまで疾走します。やがてステージに残るのは、ひとつの雑音や一滴の汗の動きだけでも消えてしまう程繊細な、
誰の胸にも去来するノスタルジィ。
はじめての【ハッカ】は、生身で絵本を造ります。    


【作:演出】


小栗 剛(キコ/qui-co.主宰)

1977130日生まれ。
茨城県出身。脚本家俳優、演出家、詩人。

高校卒業後、小説家を志し上京。取材のつもりで始めたバンドに夢中になり音楽活動を開始する。数年の活動のあと、再び物語の創作を再開。2006年より東京の小劇団に座付作家として参加したのを機に演劇活動を開始。2010年、自身のアートプロデュースユニットとして「キコ/qui-co.」を設立。演劇の公演を活動の主とする。脚本、演出を手がけ、自らも出演をする。サスペンス、サイコ、SF、ホラー、ラブストーリー、神話、コメディ、ほぼすべてのジャンルを詩的手法で中高生にも伝わる世界観に纏め上げる手腕は、近年、熱烈なファンを増やし続けている。俳優としての客演や、詩人としての詩作提供も多岐に。
佐藤佐吉演劇祭2010「ウラの目と銀杏の村」にてゴールデンフォックス賞受賞。2013年には東京グローブ座公演「ストレンジ・フルーツ」にて脚本を担当。

[活動履歴]

劇作(長編)
2006
  「酸素」@池袋シアターグリーン ベースシアター
2007
  EXPO’85」@大塚萬劇場
「まるで算数を知らないこどもたち」@中野ウェストエンドスタジオ
2008
  「その夏、13月」@新宿サンモールスタジオ
「アキストゼネコ」@中野ウェストエンドスタジオ
2009
  「愛妻は荒野を目指す」@池袋シアターグリーン Box in Box
2010
  「はなよめのまち」@王子小劇場
「カナリアの心臓」@神楽坂ディープラッツ
「ウラの目と銀杏の村」@王子小劇場
2011
  Live forever」@板橋 スタジオSAI
2013 
「ストレンジ・フルーツ」@東京グローブ座 
2014 
「神の左手」@代々木上原ITO.M.STUDIO 

劇作(短編)
2011 
「神さまのけだものと悪魔のけだもの」@渋谷ギャラリー le deco
「谷賢一幼少期 地獄変」@ 池袋シアターグリーン Box in Box
2012 
「私が赤鬼になっても」@下北沢駅前劇場
「赤猫の舌」@渋谷glad
2014 
「サンダルウッド」@石巻BLUE RESISTANCE

脚本原案:
2011
  ドリルチョコレート×キコ 「世田谷童貞機構」@新宿サンモールスタジオ

詩作提供:
2012 
ミナモザ「国民の生活」:
「お前が好きな動物を」「ハレルヤ」の二編を寄稿

出演:
2009 DULL COLORED POP
 「proof/証明(作:デヴィッド・オーバーン/訳:谷賢一)」ハル役
DULL COLORED POP
 再演「proof/証明(作:デヴィッド・オーバーン/訳:谷賢一)」ハル役
キコ/qui-co.「はなよめのまち」農夫A役
キコ/qui-co.「カナリアの心臓」関口剛役
キコ/qui-co.「ウラの目と銀杏の村」ヨモギ役
2011
  ドリルチョコレート×キコ 「世田谷童貞機構(作:櫻井智也)」コバヤシ役
2011 キコ/qui-co.「Live forever」久地楽役
2012
  ドリルチョコレート×キコ 再演「世田谷童貞機構(作:櫻井智也)」コバヤシ役
2012
  千賀ゆう子企画 「リーディング企画『方丈の海(作・石川裕人)』」興行師役
2012
  青☆組 「青色文庫(作・吉田小夏)」文士役→太宰治をモデルとしたもの
2012
  Theatre Polyphonic 「「結婚披露宴会場で演じられる『三人姉妹』」 トゥーゼンバフ役
2012 
趣向「中也論 よごれたかなしみ」(出演)中原中也役
2013 東京グローブ座公演「ストレンジ・フルーツ」エビサワ役
2013 MCR
「栄え」コバヤシ役
2014 Theatre Polyphonic
「燕のいる駅」高島役
2014 キコ/qui-co.「サンダルウッド」ヒロシ役
2014 
キコ/qui-co.「バタフライ」ケイゾウ役

テレビ脚本:
TOKYOMX/TVK
2010
『偉人の来る部屋』#5「紫式部」 演出:片岡K 
出演:片桐仁(ラーメンズ)、野波麻帆 、荒井萌